沖縄愛らんど観光タクシーのTOPページ
沖縄観光タクシーの予約
沖縄本島観光コース&料金
沖縄本島フリープランコース&料金
沖縄中北部リゾートホテルまでの片道料金
沖縄ワンポイント観光
沖縄のおすすめ飲食店
沖縄の色々図鑑

メールアドレス
 

 

世界遺産集
 (今帰仁城跡)
なきじんじょうし
琉球王朝が統一される
(1429年)前の三山時代
(北山、中山、南山)の
北山を治めた国王の居城
(座喜味城跡)
ざきみじょうし

1420年代に有力な按町であった
護佐丸によって築かれた城。
沖縄最古といわれる
アーチ型の石門が残っている。
(勝連城跡)
かつれんじょうし
陰謀に巻き込まれ、
中城城の護佐丸を滅ぼし
そして首里城へと攻めるが
大敗して滅ぼされ
有力按司阿麻和利の居城
(中城城跡)
なかぐすくじょうし
勝連城の阿麻和利を牽制するために
座喜味城主であった護佐丸が
国王の命により移り住んだ城。
(園比屋武御獄石門)
そのひゃんうたき
第二尚氏王統第三代尚真王
によって創建さた石門。
守礼門後方にある御獄で
、国王出御などの重要な
儀式の際に祈願した所
( 玉 稜 )
たまうどぅん
尚真王によって築かれた
第二尚氏王統の
稜墓独自の石造りで、
園比屋武御獄とともに
王朝時代の高度な技術を伝えている。
(識 名 園)
しきなえん
1977年に造営された
王家の別荘の庭園王族の
保養や中国皇帝の冊封使を
接待する場所として
使われた琉球独特の庭園。  
(斎場御獄)
せいふぁうたき

琉球最高の聖域。
アマミキヨがつくった
国始めの七御獄のひとつと
伝えられている。
第二尚氏王統期の国家的な重要な祭場
トップへ